会社やお店で利用するWordPress 海外Themes(テーマ/テンプレート)の選び方と入手方法

会社やお店で利用するWordPress海外Themes(テーマ/テンプレート)の選び方

 

icon-key ポイント

  • なるべく改造無しで使えるテーマ・・・海外テーマは業種によってテーマが最適化されている場合がおおいので、「このまま説明文と写真を変えれば使えそう」といったテーマを選択しましょう。
  • なるべくプラグインが必要なさそうなテーマ・・・WordPressはプラグインでいろいろな機能が追加出来るのですが、トラブルの原因になることも多々あります。「このままいけそう」と思うテーマを探すことが大切です。
  • トップページだけで判断しない・・・お店、会社の場合は、その他のページが重要です。

2015-02-15_005810

 

WordPress海外Themes(テーマ/テンプレート)の特徴

 

海外の有料テンプレート/テーマは業種別にいろいろな種類があります。業種により必要だと思われるページデザインが組み込まれBLOGは2次的なものとして追加されています。

個人でよく使われるBLOG用のテーマでもプラグインやテンプレート/テーマの改造でそういった機能を追加することは可能です。しかしWordPressの改造に慣れていない場合、なかなかDIYでは難しい作業です。

デモのテンプレート/テーマは業種に合わせた写真等を使って「こういう業種の方におすすめ」とテーマが囁いていますので、是非御社にあったテンプレート/テーマを探してみてください。

 

WordPress海外Themes(テーマ/テンプレート)のレスポンシブは当たり前

これだけユーザーのアクセス環境が多種多様の時代レスポンシブデザインはもう標準のデザインです。WordPress海外Themes(テーマ/テンプレート)はほぼ100%レスポンシブデザインになっています。固定幅のテーマ/テンプレートを探すほうが難しいと思います。

 

WordPress海外Themes(テーマ/テンプレート)の入手方法

 

無料テーマ

有料テンプレート/テーマを販売してサイトの無料テンプレート/テーマを探してみてください、有料テンプレート/テーマを販売しているサイトの無料テンプレート/テーマはおすすめです。

有料テーマ

お店や会社でWordPressのホームページをはじめようと思われている場合、出来れば有料テーマ購入をおすすめします。正直一度有料テンプレート/テーマを使用すると無料テンプレート/テーマは個人のメモ帳替わりに使う感じになってしまいます。有料テンプレート/テーマといっても金額は5000円程度です。なかには複数のテンプレート/テーマを全て使用できて5000円前後のものもあります。

お店、会社でそれなりのレンタルサーバーを借りる場合、毎月のレンタルサーバ使用料だけで5000円はかかりますよね。

海外有料テーマのメリット

  • デザインがおしゃれ
  • 他のお店や会社とかぶりにくい
  • 業種に合わせたテーマを選べば余計なカスタマイズが必要ない
  • あっ、この会社ホームページを無料テーマで作ってんだと思われない(無料テーマもカスタマイズ次第ですが)

海外有料テーマのデメリット

  • 購入にお金がかかる
  • 管理画面が英語
  • 設定できる箇所が多く戸惑う

     

海外有料テンプレート選びのヒント

 

 icon-check 制作者を確認する

個人レベルであれば気にすることはないかもしれませんが、お店や会社の場合は少し気にして欲しいポイントです。WordPressのテーマは個人で発売でしているテーマもたくさんあります。個人のテーマがデザイン、機能がダメということはまったくないのですが、もし開発者がテーマを作るのをやめたり、病気になったらしたら、そのテーマのバージョンアップはありません。出来ればテーマ作成などを専門にしている会社やオフィスのテーマを購入しましょう。

icon-check まとめサイトでの購入は海外テーマに慣れてから

これは個人的な意見です。テーマが何百、何千と販売されているサイトがありますが、テーマを見極める自信の無い方はそういうところからの購入は控えたほうがいいと思います。
理由は「全部見るのが大変」「ありすぎて迷っちゃう」ということもありますが、一番の理由は「制作者情報を探すのが大変」ということです。サイトによっては制作者別で探せるサイトもありますが、それは最初は難しいですよね。

icon-check 無料のテーマで試してみる

WordPressテーマ制作会社では無料のテーマを公開している場合があります。「無料で試してみてよかったら買ってね」方式です。いくつかの制作会社に絞って無料テーマを使ってみてください。DIY WordPressではそういった無料テーマを重点的に紹介しています。

icon-check 複数のテーマが使えるような購入をする

「テーマを購入したけど思っていたのと違った」これはWordPressテーマに限らず、お買い物には必ずあることです。ましてやWordPressテーマは購入してダウンロードしないと管理画面がわかりません。そういったリスクを少しでも避けたい場合は「うちのテーマどれを使ってもいいですよ、全部まとめて○○○○円」という会社もあります。べらぼうに高い金額ではありませんので検討する価値はおおいにあると思います。

 

WordPress海外Themes(テーマ/テンプレート)の購入方法

 

海外のサイトでの決済はほとんどカードなのですがおすすめは「ペイパル/PayPal」です。「ペイパル/PayPal」しか取り扱いの無いサイトもありますので海外テンプレート購入には「ペイパル/PayPal」が必須かもしれません。

PayPal

「ペイパル/PayPal」のメリット

良い点はいくつかあるのですが今回はテーマの購入に絞ってご説明します。

  • 即時決済・・・
    現在の為替で即時決済されます。
  • 定期購入の解約が「ペイパル/PayPal」の画面で出来る・・・
    実はここが一番のポイントです。海外の有料テンプレート会社はほとんどが「返金保障」を採用しています。これは「テーマを購入しても納得いかないテーマだったら返金に応じます」ということなのですが、ほぼ半月から1ヶ月の期間を定めています。ここのキャンセル処理は購入サイトで行えます、かなり良心的ですね。

    次に「定期購入」なんですが、これは全テーマ○○ドルといった購入方法でよくあるケースです。1年間はいつでも全テーマをダウンロードできる、1年間は無償でバージョンアップしますという契約なのですが、この契約は2年目も「自動更新」されてしまいます。2年目もサポートを受け続けるというのならばいいのですが2年目は辞めたいと思った場合、手続き方法がわからないと困ってしまいます。そうした場合「ペイパル/PayPal」の場合「マイアカウント」で簡単に行えます。

    ※キャンセル方法「購読をキャンセルするには

「ペイパル/PayPal」の登録カードを「デビットカード」にしておくと、より安心です。私は海外通販専用の「デビットカード」を用意しています。

記事を共有Share on Google+Tweet about this on TwitterShare on FacebookEmail this to someonePrint this page
この記事は1年以上前に書かれたものです。情報が古い可能性があります、よく調べてから参考にしてください。m(__)m<DIYワードプレス管理者>